ご存じの方には懐かしくて少し切なくて美味しい、初めての方は怖いもの見たさに一度ご賞味下さい いなごの甘露煮缶

いなごの甘露煮缶

国連食糧農業機関(FAO)が「将来の食糧問題に対する回答」として人類の飢餓を救う方法のひとつに昆虫食を提言し世界中で話題になっていますが、我が日本では古来からいなごや蜂の子などを食べる習慣がありました。「高脂肪、高たんぱく、ビタミン、食物繊維、ミネラルに富んだ高栄養で、かつ健康的な食糧源」といわれております。戦後の食糧難の時代に田んぼでいなごを捕まえて食べた経験のある人もだんだん少なくなってきていますが、居酒屋に行くと川海老の唐揚げを出すところがありますが、あれがもっとカリカリになった感じです。味は甘辛い砂糖醤油味です。昔食べた人には、懐かしくて少し切なくて、それらが相まって「美味しい」と感じると思いますし、初めての方は、怖いもの見たさに一度ご賞味下さい。新しい発見があると思います。

原材料:いなご、砂糖、醤油(小麦含む)、水飴
アレルゲン:小麦
保存方法:高温多湿を避け常温で保存

内容量:45g

商品名:いなごの甘露煮缶
商品番号:y0031
520円税込み

タイトルとURLをコピーしました